ワカサギ最前線HOMEワカサギ釣り場MAP木崎湖

木崎湖(長野県 大町市)

解禁シーズン

9月頃からシーズンイン

料金
入漁券 大人
1000円(1日)
4000円(年間券)
レンタルボート
3150円(2人乗の手こぎ ローボート)
案内

出船(ボート釣り) 朝 7時~午後 4時半(時期により若干変動)

レンタル

貸し竿はありますが、エサについては念のため持参して下さい。

備考

【お食事】

ボート店でお食事がとれます。

信州 北アルプス・千石街道のワカサギ釣り場

木崎湖は、周囲6.5kn、最大水深29.5mの、長野県下有数の水質を誇る天然の湖で、北アルプスを見渡せるロケーション抜群の湖です。夏には、へらぶな釣りや、ブラックバス釣りも大変盛んなリゾートフィールドです。

木崎湖、中綱湖、青木湖を総称して仁科三湖と呼ばれていて、国道148号(糸魚川街道)で、各、湖畔沿いを結んでいます。また、国道に沿った旧道は、古くは「塩の道・千国街道」と呼ばれていて、越後の国から信濃の国へ、塩や、日本海の海産物を運ぶための、重要な街道だったようです。

周辺の宿泊できる温泉旅館・日帰りの立ち寄り湯等

大町温泉郷(すぐ近く、日帰り入浴も可)、木崎温泉ゆーぷる(木崎湖畔 日帰り入浴)

アクセス

雪の多い時期はタイヤチェーンやスタッドレスタイヤなど寒冷地対策があると便利です。

長野自動車道

「豊科インター」または「松本インター」を、安曇野市方面へ出て、国道148号を大町、白馬方面に走ります。大町市街を通過して、2kmほどで木崎湖へ到着。(ICから40分程)

上信越道

「長野インター」または「須坂長野東インター」から長野市内、善光寺付近を経由する406号を鬼無里、白馬方面へひた走る。(19号より平坦)JR大糸線を越えて149号に出たら左折(白馬村役場あり)青木湖、中綱湖、木崎湖の順で湖が見えてきます。長野市内からの時間は車で1時間半ほど。(白馬村からは30分)
電車の場合、JR大糸線「信濃木崎駅」または「信濃稲尾駅」よりタクシーで5分程。(徒歩25分)

木崎湖の、ワカサギ釣り方

氷の張らない木崎湖のワカサギ釣りは、ボート釣りが主体です。湖畔にはいくつかのボート店が営業しています。電車や国道が走る木崎湖東側は、遠浅のポイントが多く、西側(山側)の方が岸からの傾斜角も急で深くなっています。中央部は20m以上の水深になりますが、ワカサギの良く釣れるタナは、だいたい15mくらいまでが目安となります。ポイント選びは出船前に、ボート店で確認するのが良いでしょう。

竿は、1-1.5mのリール竿で、6-7本針が、木崎湖の平均的なワカサギ釣りのスタイルです。エサはボート店によっては用意していないので、赤ムシと紅サシだけは、(できれば白サシも)、各自ご用意お願いします。赤ムシで釣った際、バスが多く掛かってしまう場合もあるので、予備の仕掛けもいくつか必要です。近年の充実した放流でワカサギの魚影は濃く、魚探等を駆使し、いち早くその日のポイントやタナを把握できれば、200-300匹の数釣りも充分狙えます。

木崎湖の紅葉時期

例年10月中旬頃~11月中旬にかけ、湖畔は紅葉の朱に美しく染まります。この紅葉の時期は、木崎湖の、ひとつのベストシーズンと言えることでしょう。

寒さ対策

標高は700m程度ですが、12月も後半になると、雪の日も多くなり、また、北アルプスの谷間に吹き降ろす冷たい風が通り抜ける立地のため、11月以降は真冬並みの防寒着でお楽しみ下さい。(とくに子供さんには暖かい格好をさせて下さい)

木崎湖 幻の魚 木崎マス

木崎湖にしか生息しない幻の魚「木崎マス」だが、近年は漁協による稚魚放流もあり、運が良いと小型の木崎マスが針に掛かることがあります。中には50-60cmに成長する木崎マスもいて、専門で狙う釣り人もいるそうです。(ただし、9/15~3/31までは禁漁)

釣り場SPOT MAP & 船宿情報

松原湖
船宿情報
モダンボート&パピルス 木崎湖畔のレンタルボート店。お食事・案内、竿レンタルもあり。
0261-22-1332
星湖亭 木崎湖畔レンタルボート店です。お食事も可能です。
0261-22-1878
木崎温泉ゆ~ぷる木崎湖 朝7時OPEN。葛温泉から引湯した源泉100%の湯。成人600円
0261-23-7100
大町観光協会 仁科三湖の釣り情報の他、周辺のアウトドア情報も確認可能。
0261-22-0190